サーフィン日記6


前回は、サーフィンで横に行けるようになるまでの

きっかけの話を書きました。

サーフィンが上達していく段階をざっくり説明すると

レベル1=スープで立てて真っ直ぐ行ける

レベル2=うねりから立てて横へ行ける

レベル3=一本乗り終わるまでに何度もターンする

レベル4=人を避けたりプルアウトできる。

レベル5=ライディング中に技を決められるようになる

細かくは、もっともっとたくさんの事があり、もっと上の、

レベルもたくさんあるのですが、あくまでもザックリとした

説明という事で、細分化はご容赦くださいませ。(^^;

あまり、用語で難しくならないように気を付けていますが、

分からない言葉は、「サーフィン用語 OOOO」等で

検索してみてください。(^^)

因みにプルアウトとは、自分の意志によるコントロールで

ライディングを終わらせる事です。

レベル3の一本乗り終わるまでに何度もターンする

の中でアップス&ダウンズ(アップスンとか略す人が多い)

が出来るようになると、波の面を滑りながら加速出来たりするので

格段に楽しくなってきます。(^^)

アップスンが出来るようになったきっかけは、

カーバーに代表されるような

所謂スラスタースケボーとかサーフスケートという

サーフィン練習用のスケートボードで練習したのがきっかけです。

一般的に、「陸上で練習してできないものは海でもできない」と

言われています。なので、ある程度乗れるようになって、

レベルアブしたい人は、サーフスケートはお勧めです。


実際に海へ行くと、場所によっては、小さい子から70代?

と思われる老若男女がサーフィンしています。

上手い人と初めての人が同じ海で出来てしまうのが

サーフィンの楽しさでもあり、危険でもあります。

なので、皆が楽しく安全にサーフィンするためのルールもあります。

初心者は、乗ってくる人の邪魔をしないように心がけるとか

人が乗ってきた波に乗らないとか(前乗りと言って一番やっちゃダメ)

こういうルールを知らないまま入ると何より危険ですし

楽しくなくなりますから、はじめての人はサーフショップで

スクールを受けたり、ネットで最低限のルールを勉強してから

入ることをお勧めします。(^^)




Copyright © ヒトシの日記 All Rights Reserved.